現代医学 主な講師紹介

津田 篤太郎

Tokutaro TSUDA

NTT東日本関東病院 リウマチ膠原病科 部長
現代医学担当

津田篤太郎

略歴

2002年 京都大学医学部 卒業
2004~07年 東京女子医科大学膠原病リウマチ痛風センター
2007~11年 北里大学大学院 医療系研究科(東洋医学)
2009~14年 JR東京総合病院 リウマチ膠原病科
2011年~ 北里大学東洋医学総合研究所 医史学研究部 客員研究員
2014年~ 聖路加国際病院リウマチ膠原病センター 副医長
2015年~ 日本医科大学附属病院 東洋医学科 非常勤講師
2019年~ NTT東日本関東病院 リウマチ膠原病科 部長

資格等

著書

共著

共同監訳

  • 閃めく経絡』ダニエル・キーオン(著), 須田万勢 津田篤太郎(監訳), 建部陽嗣(訳), 医道の日本社, 2018年6月

コメント

今後、鍼灸師が病院や診療所に入っていって、西洋医学しか学んでいない医療従事者と共に医療に携わる機会が増えます。その時、うまく協働できるかどうかは、いかに“共通言語”を用いて意思疎通できるかにかかっています。“共通言語”を操る上での基礎となる知識について講述していきます。


須田 万勢

Masei SUDA

諏訪中央病院 リウマチ膠原病内科・総合診療科
現代医学担当

須田万勢

略歴

2009年 東京大学医学部卒業
2009~13年 諏訪中央病院 初期・後期研修
2014~19年 聖路加国際病院 リウマチ膠原病センター
2019年~ 諏訪中央病院 リウマチ膠原病内科・総合診療科

資格等

著書

共同監訳

  • 閃めく経絡』ダニエル・キーオン(著), 須田万勢 津田篤太郎(監訳), 建部陽嗣(訳), 医道の日本社, 2018年6月

コメント

当院では鍼灸師3名が勤務しており、協力して診療に当たっております。日常診療において、鍼灸が役立つ場面は多く経験されますが、コミュニケーションが一方的になりがちです。東洋医学と西洋医学が、お互いの分野のコンセプトを学ぶことで、今後の統合医療の推進を加速することができます。私は近年注目されているエコーなども用いて、西洋医学的な解剖と代表的な疾患の概説をさせていただきます。