医鍼連携研修

チーム医療の一員として、治療方針を立て、結果を出せる臨床力を身につける!

患者ニーズの多様化に伴い、医療における多職種連携が進んでいます。鍼灸治療においても、従来からの同意書による連携に止まらず、診療情報提供書等で医療機関とより広く連携することが求められます。

本研修では、医療の一翼としての鍼灸治療を担っていくことができる人材を育成します。

  • 医師による現代医学の講義があり、西洋医学の視点からもポイントが学べる
  • 現代鍼灸・中医鍼灸・経絡治療の理論と臨床をニュートラルに学べる
  • 研修受講後、病院実習の機会を提供する
講義の様子
講義の様子

1. Common diseaseへの対応を確実に身につける

  • 臨床で扱うことが多い12疾患について学びます【1年次、一部2年次】
  • 「現代医学」「現代鍼灸」「中医鍼灸」「経絡治療」の切り口で、同一疾患にアプローチ
  • 実技も行います(学生は見学) 

Common diseaseとして取り上げる予定のテーマ

  • 頸肩腕痛
  • 肩関節痛
  • 腰痛
  • 腰下肢痛
  • 膝痛
  • 頭痛
  • めまい
  • 耳鳴りと難聴
  • 便秘と下痢
  • 婦人科疾患
  • 不眠
  • 疲労と倦怠

2. 臨床力の強化

  • 少人数による実技【1年次、2年次を通じて】
  • 今後ニーズが拡大する分野(がん治療関係、脳血管障害、アレルギー、自律神経症状等)にアプローチ【2年次】
  • 模擬治療を活用した治療構成力のレベルアップ【2年次】
実習の様子
実習の様子

3. 総合力の育成

  • 画像診断について【2年次】
  • カルテ・診療情報提供書の書き方【2年次】
  • 東洋医学的な考え方について系統的な講義【1年次、一部2年次】

主な研修講師

講師紹介ページをご覧ください。


研修会レポート

実際に行われた研修会の様子をレポートしています。

研修会レポートのページをご覧ください。

医鍼連携 特別座談会

本協会講師陣による、医鍼連携および医鍼連携に必要な人材育成をテーマとした座談会記事です。

医鍼連携特別座談会のページをご覧ください。