医鍼連携に向けた鍼灸師育成

プロジェクトが始動します!

混合診療の拡大に伴い、従来の同意書による連携だけでなく、診療情報提供書等で医療機関と連携する機会が増えることになります。 

多職種連携によるチーム医療が主流になる中、鍼灸師もその一翼を担っていかなくてはなりません。

 

=鍼灸師にこれまで以上に求められる資質=

■共通言語としての現代医学の知識

■提供できる鍼灸治療の説明

■初見の病態にも対応できる臨床力

 

このたび、医鍼連携を担うことが出来る鍼灸師を育成するために医療鍼灸協会を設立し、既存の研修にはなかった新しい形の研修を実施することになりました。

 

=研修の特徴=

■医師による現代医学の講義があり、西洋医学の視点でポイントを学ことができる

■「現代鍼灸」「中医鍼灸」「経絡治療」の理論と臨床を横並びで同時に学ぶことができる

 

■病院で現場実習をすることができる

2017年4月  プレ研修スタート

―― 1年間で全6回の講習

―― プレ研修概要をご覧ください

2018年4月  研修の本格実施スタート

―― 2年間で全20回(予定)の講習

―― 講習終了後に病院実習 

 

プレ研修の受講生を募集します(定員30名)

プレ研修では、本格実施に向けて、研修内容や実施方法について検証を行うことから、受講生にはフィードバック等に協力していただくことになります。ご理解した上でお申込み下さいますようお願いします。

【受講申し込み方法】

受講申込書をダウンロードし、必要事項を入力して、添付ファイルとして事務局アドレスに電子メール送信してください。

(事務局から3日以内に受け取った旨の電子メール連絡をします。連絡ない場合は電子メールでお問い合わせください。)

締め切り   220 事務局(申し込み先)にメールでお問い合わせください。

受講決定  310(受講の可否にかかわらず通知)

申し込み先 mail@iryoshinkyu.com