現代鍼灸 主な講師紹介

粕谷 大智

Daichi KASUYA

東京大学医学部附属病院 リハビリテーション部 鍼灸部門主任

現代鍼灸担当

略歴

 

1985年 国際鍼灸専門学校卒

1987年 筑波大学理療科教員養成施設 臨床研修生修了

2015年 人間総合科学大学大学院博士課程修了 心身健康科学博士

1987年 東京大学医学部附属病院 内科物理療法学教室(物療内科)勤務。

その後、アレルギー・リウマチ内科、現在のリハビリテーション部に至る。

研究業績等

文部科学研究補助金

1)慢性腰痛患者の心理・社会的因子と身体所見との関係、奨励研究(22931010)2010~2011

2)慢性腰痛患者の心理社会的因子と筋電図の特徴、奨励研究(225931014)2012~2013

共著

・英国医師会腰痛・頸部痛ガイド、医道の日本社、2013(The BMA Guide to Back Care: Preventing, Diagnosing, and Treating Back and Neck Conditions, 2011)

・腰痛診療ガイド、149-154、日本医事新報社、2012

・運動器の痛みプライマリケア 背腰部の痛み.東洋医学的治療(菊地臣一編集)、南江堂、東京、109-121、2009

所属学会

日本腰痛学会、日本リウマチ学会、日本運動器科学会、日本リハビリテーション学会、日本顔面神経学会、日本糖尿病学会、

全日本鍼灸学会諮問委員・副学術研究部長・編集委員

 

コメント

現代鍼灸は、解剖・生理学的な観点から、筋や末梢組織を中心とした機能的異常を捉え、触診を重視し、その異常部位への刺鍼を行うものです。

医療との連携には、現代医学的な共通言語による治療の説明や治療評価が不可欠です。

また、鍼灸(師)こそできる治療もアピールしていく必要もあります。

この研修では、病態からみた異常部位の触診、効果を導く刺鍼部位と刺入深度について皆さんと研鑽できればと考えています。